季 節 だ よ り

(画像をクリックすると大きい画像が見られます)

バックナンバー 目次、索引

 

 

No.133 マルバマンサク (マンサク科)

    (丸葉満作) 

 

 今年は大雪と低温のせいか樹々の芽吹きが

だいぶ遅れているようです・・・。

 

 久しぶりにお天気になったので裏の雑木林を

覗いてみたら小さな黄色い花が咲き始めていました!

例年より半月ほど遅れましたが、雪にも負けずに

開いてくれました。

 

 これから次々と春の花々が顔を見せてくれる

ことでしょう・・・。

 

 

2018.3.3

 

No.132  ツリバナマユミ(ニシキギ科)

     吊花真弓)

 

 長く吊り下がった赤い実が秋風に揺れてきれいです・・・

ニシキギ科の仲間は葉の紅葉が目立つものが多いですが

このツリバナマユミは何と言ってもこの実が主役です。

 

 半日陰のやや湿った所を好み、大きくなると3〜4M

ほどになりますので植える際はご考慮を・・・。

 

 秋の庭には欠かせない樹木ですね・・・。

 

 

2017.10.8

 

No.131  サルスベリ (ミソハギ科)

     ( 猿滑  /  百日紅 )

 

 夏の空に赤い花束が目に鮮やかです!

 

 中国原産のサルスベリは花が長い間咲いているので

百日紅と中国名で表記されることもあります・・・

成長すると幹の表皮が剥がれてツルツルになるので

日本名はサルスベリになったとか・・・

実際にはお猿さんは平気で登っていくそうですが

どんな人が調べたのでしょうかねー

なんだかそっちの方に興味が行きそうです・・・。

 

 

2017.8.14

 

 

楽風舎トップページ へ