**************************************************************************



CDがLPに取って代わった頃、
音楽再生に未来はないと思いました。
それ程その頃のCDとCDプレーヤーは
完成度が低かったように思います。
 今世紀に入って、ようやくソフト、ハードともに
聴くに堪える、いや聴くに値する物に
なって来たと感じています。
 
 このコーナーではジャンルを問わず、気に入ったCDを
思い付くままに棚から取り出してみたいと思います。
 

  **************************************************************************
P.1-10
  P.11-20  P.21-30  P.31-40  P.41-50  P.51-60

.62 JS・バッハ 

「 バッハ作品集 CONTEMPLATION (瞑想)」

          アンヌ・ケフェレック( pf)他

                          

     輸入元(株)キングインターナショナル

 MIRARE MIR082

 

 久し振りにご紹介するのは夏前に友人から頂いた

このアルバム・・・

アンヌ・ケフェレックはフランス生まれのピアニストですが

今まで持っていたのはバッハのパルティータ1枚だけでした

 

 瞑想と名付けられたこのバッハの美しい小品集は

昨今の刺激的な演奏とは対極のもの・・・

少しくすんだ色合いの中にも芯があるピアノの音が

ゆったりと静かに流れて行くのを聴いていると

安らかな気持ちに・・・

 野辺のきれいな草花や風で揺れる樹々をただ見ている

感覚に近いでしょうか・・・

 

 秋の夜長に少しボリュームを絞って聴いてみてください・・・♪

 

2019.9.1

.61  F・クープラン 「 ヴィオール曲集 」

                  酒井 淳    (gmb)

クリストフ・ルセ(ceb)

            他

           キング インターナショナル KKC 5863 

 

 この間、久し振りに知人の演奏会に行ってきました・・・

ビオラダ・ガンバというチェロに似た楽器を弾くのですが

当日はフランスの作曲家クープランのヴィオール曲集第1番が

心に響きました・・・

(ちなみにヴィオールはガンバのフランス語です)

 

 初めて聴く曲でしたが晩秋の夕暮れ時を思わせる

とても素敵な演奏でした・・・

 

 帰ってからCDが欲しいと思い調べてみたら

なかなか無いのです・・・

ようやくたどり着いたのがこのCD!

酒井さんはチェロ奏者としても活躍中の若手だそうですが

今まで知りませんでした。

 さっそく聴いてみると・・・

静かにそして深く、ゆっくりと時が流れて行きます・・・

 

 今年最後に、こんなCDを紹介できて嬉しいです・・・

 

                      2018.12.21


P.1-10
  P.11-20  P.21-30  P.31-40  P.41-50  P.51-60